国内CDNシェア(2017年10月)


日本のCDNシェアについて調査結果@2017年10月

前回調査:2017年4月

  • 調査方法
    • Webクローラー(スパイダー)によるWebサイト調査
      • FQDN数:約981万
      • URL数:約11,227万
  • 集計日
    • 2017年10月10日
  • 対象
    • Cloudflare、Akamai、Cloudfront、CDNetworks、Incapsula、Limelight、Edgecast,国内CDN事業者(Accelia、IDCF、IIJ、J-Stream)
  • CDN判定方法
    • cnameベース
      • Akamai, Fastly, Edgecast, Limelight, Accelia, IIJ, IDCF, J-Stream
    • レスポンスヘッダ(サーバ名)ベース
      • Cloudflare, Cloudfront, Incapsula
  • シェア集計の単位
    • ドメイン(例, example.jp)
      • 補足:FQDNでの集計では、CDNを使用しているblogサイトの影響が出る。つまり、いくつかのブログサイトは、user1.blog.example.jpのようなFQDNで構成されており、ユーザの数だけFQDNが存在する(数千以上)。それに対し、日本のCDN利用企業も数千程度であるため、FQDNで集計するとこのようなブログサイトを配信しているCDNのシェアが大きくなりすぎる。

日本語サイトのCDNシェア

  • 集計対象
    • jpドメイン以外(.com等)で日本語のサイト
  • ドメイン総数
    • 7,325

JPドメインサイトのCDNシェア

  • 集計対象
    • .jpドメインのサイト
  • ドメイン総数
    • 4,599

CDN判定処理の変更について

  • 2017年10月5日にcnameベースのCDN判定を、複数階層まで拡張した。つまり、以下のようなfqdnに対しても正確にCDN判定を行うようになった。
    • www.example.jp -cname-> www.example.com -cname-> www.example.com.cdn-domain
    • 代表的サイト:グローバル企業のJPドメインサイト
      • example.jpはexample.comにcname
      • example.comはCDNドメインにcname
  • これにより日本語サイトおよびJPドメインサイトともに、約500のドメインが新規にCDN使用中と判定された
    • 影響が大きかったのは、グローバル企業が多いakamaiとfastly(Cloudfrontはレスポンスヘッダで判定しているため影響なし)

CDN利用の差分調査(JPドメイン)

  • 比較した日
    • 2017年4月10日と2017年10月1日
    • 補足
      • 10月1日は、前記したCDN判定処理の変更は行っていない
  • データの意味
    • New Site:CDNを利用している新規FQDNを検知した
    • New CDN:CDNを使っていなったFQDNがCDNを使い始めたことを検知した
    • End: CDNの使用を止めた、FQDNにアクセスできなくなった
    • Replaced:CDNをリプレイスした(CDNを乗り換えた)

  • 「新規にCDNの利用を開始した」という変化が最も多い
    • 新規CDN利用サイトの詳細な分析は行っていないが、リストをざっと見たところ、普通のサイト(ピーク性の無さそうなナショナルブランド)におけるCDN利用が増えているような感触を受ける。
  • CDNのリプレイスは少ない
    • リプレイスのピークである4月1日を過ぎたためか?

新規にCDNを利用したJPドメインのシェア

  • この半期で、新規にCDN利用を開始したドメインのうちトップシェアはCloudfront
    • 最も使い始めやすいCDN(オンラインサインアップ+完全従量性)の優位性が効いている
  • セキュリティCDNがブームとなっており、専業であるIncpsulaの躍進が目立つ