CDNトレンド2016 (概論)


CDNトレンド2016概論

Dan RayburnによるCDNトレンド

最新トレンド

赤字昨年から変更された点

  • モディティ(一般的な)CDNの単価は下落
    • 2014年:25%下落
    • 2015年:20%下落
      • 大手顧客では45%の下落もあった
      • 調査結果では最低価格0.25セント/GB
  • コモディティCDN顧客のトラフィックは増加しているが、CDN業界全体でみれば、その増量は大きくない
    • Sling TVやPlayStation VueなどのOTTは過度に評価されているが、配信量は大きくない
  • 大手OTTは、すべて(もしくは、ほぼすべて)のトラフィックを自社CDNで配信している
    • 自社CDNは(少数の企業しか運用していないが)、Internetトラフィック増加の主要ドライバである
    • Danの予想では、Appleはその75%のトラフィックを自社CDNで配信している
  • ソフトウェアや巨大オブジェクトのダウンロードが、メディア・エンターテイメントにおけるCDN成長のドライバとなっている
  • モバイル端末のインパクトはまだ小さい
  • 4Kストリーミングは、当面(数年ぐらい)CDNにインパクトを与えない(メジャーなコンテンツとはならない)
  • Appleがサブスクリプションサービスを始めても、そのトラフィックを一般CDNへ流さないであろう
  • 多くの新規参入があったが、新たな付加価値を持つサービス、コンテンツやモバイルへの変換を行うサービスだけが大きく成長している(Fastly, Yottaa, Instart Logic, TwinPrime, Tensera)
  • ビデオ配信は自社でネットワークを持っていない限り儲からない
    • ビデオはCDNのトラフィックで最大の割合をもつが、利益への貢献は小さい
  • フルサービスのCDNにおいて、CDN事業者はビデオ/ソフトウェア/メディア配信に過度に集中している
  • QoE:ビデオおよびCDN業界は、やっと品質計測に注力しはじめた
  • マルチCDNが成長しており、小規模顧客にも受け入れられている

鍋島補足

  • 大手OTTを失った(さらに失いつつある)Akamaiが、設備余剰を埋めるために大幅なディスカウントを行っており、9月時点で価格下落がさらに進んでいる
  • 昨年のサーベイでは「CDNは今年(2015年)もメディアビジネスで12~18%の成長をするであろう」と結んでいたが、今年は無くなった
  • Bizetyは、「CDN事業はハンバーガーショップと似てきている」と指摘している。つまり、「ハンバーガー(配信)自体には利益を求めず、コーラやポテト(WAF、DDoS対策、モバイル変換等の付加価値)で利益を出すことを目指す」という戦略になりつつある。
  • 一方、中小企業相手のCDNについては、各社ともに大きく成長しており、十分な利益を生み出している。
    • 詳細追加予定
  • 有望な新興企業の変更点